ブログ

先生に頼まれたもの

<

オンライン英会話レッスンを始めてからもうすぐ1ヶ月。

わりと楽しくやれてます。

先生から頼まれた事

先生と話をする中で色々お願いされました。

きっかけは私がフィリピン行った時にガイドしてくれる?とお願いしたことか?

無料で快諾してくれたことには本当に驚いた。

その後、タロットをやらせてもらったり、数秘術をやらせてもらったり、英語以外の貴重な体験をさせてもらっている。

そして、昨日のレッスンではいくつかお願いされた。

シュウマイ食べたい

得意な料理は何?という質問を先生にしたら「シニガン」だったか、教えてくれた。

「あなたは?」と聞いて来たので私は「餃子と焼売」と答えた。

そしたら先生が「食べてみたい!」と言うので「じゃ、作って持っていくよ」と答えた。

先生は「わーい」って喜んだ。

作って持っていかなければいけなくなった。

ちなみに、焼売、何度か家族以外の人にもお節介にも作って持っていって食べてもらった経験があり、食べてくれた人は美味しく食べてくれた…と思う。(マッサージ屋さんに持って行った時、従業員さんがレシピを聞いてきたので教えたら後日作った!という話を聞いた)

焼売、私自身も美味しいと思う(美味しいと思うものしか作ってない)

焼売持っていくとして、関税で没収されないか?AIに聞いてみた。

。。。。。。。。。。

フィリピンへ焼売を持ち込む際、関税所で問題になる可能性は低いですが、いくつか注意すべき点があります。

1. 持ち込み制限

フィリピンへの食料品持ち込みには、以下の制限があります。

  • 肉類、加工肉類、乳製品:1kgまで
  • 果物、野菜:2kgまで

焼売は肉類または加工肉類に該当するため、1kg以内であれば問題なく持ち込むことができます。ただし、生肉や加熱していない肉類は持ち込み禁止なので、焼売は必ず加熱調理済みである必要があります。

2. 持ち込み方法

焼売は、手荷物または預け荷物のどちらでも持ち込むことができます。手荷物で持ち込む場合は、透明なビニール袋に入れ、開封しやすい状態にしておくとスムーズに検査を受けられます。

3. その他の注意点

  • 焼売の原材料によっては、持ち込みが制限される場合があります。例えば、鶏肉豚肉は持ち込み制限の対象となる場合があるので、事前に確認が必要です。
  • 焼売のによっては、関税がかかる場合があります。1kgを超える場合は、事前にフィリピン税関のウェブサイトなどで確認しておきましょう。
  • 焼売が腐敗していないか、異臭がないかなど、持ち込み前に状態を確認しておきましょう。

入国時に問題になる可能性があるもの

  • 生鮮食品:生肉、生魚、卵、乳製品など
  • 加工食品:缶詰、レトルト食品、インスタントラーメンなど
  • 農産物:果物、野菜、穀物など
  • 医薬品:処方薬、サプリメントなど
  • 動物:ペット、野生動物など
  • 武器:銃、刀剣など
  • 麻薬:違法薬物
  • 偽ブランド品

これらの物品は、持ち込みが禁止されていたり、関税がかかったり、検疫が必要になったりする可能性があります。事前にフィリピン税関のウェブサイトなどで確認しておきましょう。

。。。。。。。。。。

一応大丈夫そう。

私を描いて!

「好きな科目は?」と聞かれて「美術」と答えて、「今も描いてるの?」との問いに、最近ブログ用に描いた絵を見せたらリスペクトさてた。

そして唐突に「私を描いて!」とお願いしてきたので、ちょっとヒヨって「フィリピンに行ったら描くよ」と言ってしまった。

iPad持って行って描かなければ。

最近描いた人物画はYouTuberの「ぬふぬふ」さんや「ヘライザー総統」くらいだろうか。

人物画、先生が満足するようなかわいい姿を描けるか…あまり自信はない。

チャンネル登録する!

フィリピンでの人気の職業を先生から教わった。

先生、警察官、看護師などが人気らしい。

その話の流れで、日本の子供はYouTuberになりたいって子が多い時期があったという事を伝えたら、「あなたはやらないの?」と聞かれたのでつい「チャンネル持ってる」と行ってしまった。

「チャンネル登録する」と言ってくれたのですが、小っ恥ずかしいのでそこは「シークレット!」と逃げた。

私のチャンネル動画はブログの補足的なものだから単体で楽しめるものではない。

いずれ教えてもいいかな…とは思う。

フィリピンには行きたい

色々話していく中でフィリピンへの、というかフィリピン人の先生への興味は増した。

いつも、私の旅の目的は人に会いに行くこと。

十分すぎるほどのフィリピンへ行く理由は出来た。

今は給料は激減したが時間はある!

今年中には是非行きたい!