バイク

進撃の巨人を観終わって思うこと

<

「進撃の巨人」とうとう本当に終わってしまった。

深夜のテレビライブ放送と翌日一人で録画視聴と娘が帰ってきてから娘と視聴と計3回。

永い人類の歴史の中の民族紛争。

物語の中でも人類滅亡の危機の中でもなお、争ったり、過ちに気付き仲直りするも恐怖しての疑心暗鬼での一触即発…人間の歴史を数分で表す物語展開。

「道」という別次元で民族が繋がっている。

人類は「増える」という本能と「恐怖」という罰により諍いを止めることは出来ない…というようなことも言っていた。

物語の中で悪役を主人公のエレンが担って大惨事に至っているが、実際のところエレンがその役を担わなくても絶滅に至るのでは…というエンディング。

結局のところ、どう足掻いても人類は絶滅戦争を回避できないのでは…と考えてしまう。

浮かんだ言葉「次元上昇」

例えるなら左右しかない2次元の世界から上下の加わる3次元の世界に移行して世界の見方が変わること?

あの動画

世界を愛で和し、地球を愛の星に次元上昇させなければこの悪夢から抜けなせないのでは…と考えたり。

どうも最近スピリチュアルに犯されてる。

流石にこのYouTuberとのLINE友達登録までには至らないが。

私の使命

そんな大それたことは考えられない。

とにかく楽しいことをする。

誰かと誰か、繋げることで「楽しい!」を膨らませたい。

ここ数週間、数年前の出会いを膨らませてる。

今日も勢いで行動を起こしてしまった。

相手にそれが形になって届くのが数日後。

それがその後どう影響していくのかはわからない。

昨日、「気」を感じるという癖の強い人に会って話をした。

明日には推しのブロガーは帰国してしまう。

繋がりを求めて楽しんでいる。

この欲求は性欲という本能もエネルギーになっている。

でも気持ちいいと思う人は性別では判断できない。

これが「気」なのか?

私はどちらかというとスピリチュアルではないと思っている。