ブログ

旅行の不安要素

<

フィリピン行きに備えてYouTubeでフィリピン入国動画を見ていて知った「eTravel」と「イミグレ」を知る。

「eTravel」と「イミグレ」

AIに聞いてみる。

。。。。。。。。。。

eTravel とは

eTravel は、フィリピン出入国のためのオンライン登録システムです。2023年12月2日から運用が開始され、2024年4月15日からは出国時にも登録が必要となりました。

eTravel の登録方法

  1. 公式ウェブサイト:https://etravel.gov.ph/ にアクセスします。
  2. 指示に従って、パスポート情報、渡航先情報、滞在先情報などを入力します。
  3. 登録料は無料です。
  4. 登録が完了すると、QRコードが表示されます。
  5. 印刷は不要で、QRコードをスマートフォンなどで提示するだけでOKです。

eTravel の登録可能期間

  • 到着予定時刻: 到着予定時刻の72時間前からフライト出発時刻まで
  • 出発予定時刻: 出発予定時刻の72時間前からチェックインカウンター閉鎖時刻まで

詳細情報

イミグレ とは

イミグレ は、イミグレーションの略で、出入国管理局を指します。フィリピンでは、入国審査と出国審査を行う場所です。

eTravel の登録が完了していても、入国審査や出国審査ではパスポートの提示が必要です。

イミグレ での審査

  • 入国審査: パスポート、eTravel のQRコード、入国カード(廃止予定)
  • 出国審査: パスポート、eTravel のQRコード(フィリピン国籍者のみ)

その他

  • 入国カードは2023年5月1日から廃止予定です。
  • 出発空港によっては、チェックイン時に eTravel の確認が行われる場合があります。
  • 詳細情報は、航空会社や旅行代理店にご確認ください。

まとめ

eTravel は、フィリピン出入国時に必要となるオンライン登録システムです。2024年4月15日からは出国時にも登録が必要となりました。

イミグレ は、出入国管理局を指し、入国審査と出国審査を行う場所です。

渡航前に最新情報を確認し、スムーズな出入国手続きをしましょう。

。。。。。。。。。。

「eTravel」で事前申告しておけば入国がスムースみたい。

先に知れて良かった。

セブ・パシフィック航空の評判が悪い

フィリピンには「セブ・パシフィック航空」で行く予定なのだけど、YouTubeで見ると不評な動画がちらほら。

オンライン予約の際エラーが出て、やり直してチケット予約が完了するも、チケット料金をエラーが出た時の分まで請求されたというもの。

あと、搭乗口が直前になって変更になって乗り遅れてしまい、受付まで行って問いただすも「変更はしていない」の一点張りだとかで、塩対応とか。

座席が狭いのや機内食がないのは問題ないが、飛行機に乗れないというのは勘弁してほしい。

セブ・パシフィックに電話してみた

、機内持ち込み重量とか座席指定とかバッテリー持ち込みとか、色々わからないことが多数。

日本窓口があるということで電話してみた。

最初に長時間自動音声ガイダンスが流れて、ようやく人に繋がる。

喋り方から日本人じゃなさげ。

「7キロまで機内持ち込みいいの?」の質問に「別料金で対応できます」との回答。

…ちょっとズレてる。

誠実さは伝わってきた。

とりあえず飛行機に乗れてパスポートとスマホとクレカをすられる事なく無事帰れればいい。

多少のぼったくりはご愛嬌。