バイク

新たな推しの帰国

<

夏の終わりに留学でオーストラリアに旅立った娘。

無事帰国しました。

到着して待つ

ハグして

娘の帰国に合わせて夫婦で車で空港に向かう。

娘が到着口から出てくる前に空港に到着して到着口で待つ。

到着口から出てきて待っていた人が出てくる人と再会を喜んで熱いハグを交わす。

我が家の娘はまだか?

我が家は多分冷めた再会だとは思っているが、ああいう再会ハグこっこも悪くないかも。

娘が大きなスーツケースを引いてようやく来た。

謎の男の登場

私は嫁さんの後ろで写真や動画撮影。

娘の後ろから若い短パンの男。

嫁さんが「ありがとうございます」と挨拶してる。

何者?

彼氏?。

もうやってる仲?

一応お辞儀する。

私はマスクをしていたのだがどんな表情をしていたのか心配。

謎の男が立ち去った後、嫁さんに聞いてみたら一緒に留学した友人らしい。

彼は英語ペラペラで現地でのスマホのプリペイドSIMの設定など大変娘がお世話になったらしい。

彼に対して私がどんな表情をしていたのか…心配、すまん。

娘は友人と食事へ

冷めた娘との再会の後、娘は私たちに大きな荷物を預けて、同じく出迎えに来ていた友人と食事に行くという。

食事に行った後に再度集合して帰宅予定。

それまで集合場所付近まで向かってそのあたりを嫁さんと散策してラーメンを食べる。

しばらくして娘と合流し帰宅。

お土産を配って回る

帰宅する前に実家に寄ってお土産を渡しながら帰国報告。

家に着いたらご近所さんに同じくお土産を渡しながら帰国報告。

家に帰って荷物や土産の仕分け。

その後、スマホキャリアを復活させるためにキャリアショップに娘と二人で出向く。

衝撃の展開にウキワク

ショップで娘との会話。

向こうで友達は出来たか?という話になって、何気にその友達との交流について、今後のビジネスでの付き合いもあるの?と聞いてみたら、話は意外な方向に。

いや、そういう系の動きは大学入学当時からあったので想定内だから私もそのような質問をしたのだと思う。

娘は大学を休学する事を考えているという。

理由は1年間立ち上げたビジネスに専念したいから。

卒業後だと就職活動が新卒で出来ないのでビジネスに専念した後に新卒での就職活動をしたいからだという。

「目標は?」

と聞いてみると、

「30万」

「月に?」

「そう」

年間だと、ざっと350万。

休学費は自分で払って、今回の留学で使ったお金も返すという。

すごい意気込み。

情報教材的な何かのようだが、在庫を抱えないビジネスらしいので借金を抱えるリスクはないのでよしとしよう。

あと、財務税金関係も親族にいるので親族に任せてみては?と提案。

なんだかんだで私もノリノリかも。

帰国後最初のディナーは回転寿司

帰国後、娘は友人とガストに行って丼もの?を食べたらしい。

「米」が美味しかったという。

なので夕食は回転寿司に行くことにした。

娘が腹ペリの状態で店に向かう。

我が家へのお土産

娘は我が家へのお土産も買ってきてくれた。

そして私へのお土産も。

現地のスーパーで現地の人が食べている現地でメジャーなもの。

日本人の口には合わないらしい。

おそらく娘はこれらのものを調理された料理を食べていたのだろう。

そして、大量のこれ。

一個食べると濃縮された独特の甘みでしばらく食欲がなくなる。

今、これが十何個、それ以上冷蔵庫に入っている。

日本の食事がやっぱりいい。