ブログ

おのおの我が道を行くので集えない

<

大学時代、一緒にバイクで旅した友人。

久しぶりにLINEで集った。

ツーリング計画

LINEで新たに立ち上がったグループ「バイク友達」

約30年ぶりにみんなでツーリングしよう!と話をする。

みんな方々散ったところに住んでいる。

一人が「四国で飲みたい!」「それ一択!」と言い出す。

…遠い。

学生時代の私

学生時代、1年生の頃はアパートの同級生と少し話すくらいでほぼぼっちの生活。

そんな私に声をかけて仲間に引き入れてくれた友達。

おかげでみんなでバイクに乗ったり、スキーに行ったり、旅行に行ったり、思い出に残る大学生活を送れた。

ちなみに高校時代、一応の友達は居たと思うが…学校生活での記憶がほとんどない。

そんなぼっち歴が長い私だったのでコミュニケーションもままならずただただついていくだけの私だったと思う。

その頃の私、結婚は30歳までにはしたいなぁ…くらいは考えていたと思うけど、こんな30年後の私は想像出来なかったと思う。

計画立ち消え

四国を希望した友達、別の友達は近い場所がいい、と中国をなんとなく主張。

私に、「何泊する?」と聞いてくる。

みんなで呑んで話はしたいと思うが…それぞれの意見を尊重するのはムリ。

私は「今回は呑みを重視して場所を決めたい」と主張。

でも、みんな各々行きたい希望場所を曲げない。

しょうがないので私、「今回は見送る」と回答。

人生まだ長い

また私の家の方に走りに来ることがあれば会おう!という事で話は終わった。

もう一人の友人は経済的にか今のバイクが壊れたらバイク卒業っぽいからもう一緒に走れんかもしれない。

でも、私も時間が惜しい。

友人の希望を叶えるためだけに3日も4日も使う訳にはいかない。

会いたい!とは思うがそれに見合ったリターンがあるのか?と考えてしまう。

今の自分の身の周りには大学の友人よりももっとお金と時間を費やしたい!と思える友人がいる。

それに、呑みながらの話は外国在住だとしてもオンラインで出来る。

今週末も先週末とは別の推しに会いにいく。

そんな今の自分を大学時代の友人はどう見るのか、いつかみんなで集まりたい。

「いつか」って言ってる時点で優先順位は低い。