ブログ

私が推しを導いたと確信する

<

今年のモーターサイクルショーも推しらに会うのが第一目的。

今年は色々縁があってか始祖の推しもブース出店。

去年のモーターサイクルショーで始祖の推しと会ったら「抱きついちゃう」と宣言してその後実行した推しのおねーさんも去年に引き続きブース出店。

今年も会いに行く。

推しにコラボの経緯を聞かされる

まず、始祖の推しとコラボをした推しのおねーさんのところに向かう。

「動画、楽しんで観させてもらいました!」と挨拶。

そして、私もこの前、始祖の推しと一緒に走ったことを報告。

推しのおねーさん、始祖の推しの動画を観ていてそのことは知っていた。

その後、推しらのコラボ動画の話をしてくれた。

私と推しのおねーさん、会うたびに始祖の推しの話をしていた。

この前のコラボ動画撮影日当日、推しのおねーさんは、私達を呼ぼうかどうか悩んでいたと明かしてくれた。

まじか!

結局、呼ばなかったらしいが、それで正解だと思った。

あれは、あのメンバーだったからこそ最高の動画に仕上がった。

始祖の推しと同い年の嫁さんだけなら、年女だし、ハーレムツーリングは維持出来るし、参加しても良かったのかな?と思ったり。

どうやら始祖の推しは、去年は推しのおねーさんの誘いに「自分のスタイルとは違う」と乗る気じゃなかったが、ある時その誘いに乗ってきたらしい。

去年は始祖の推しに色々あってなのか、情報発信が例年と違っていて、それを気遣いながら私はコメントしていた。

私が始祖の推しに、さりげなくコラボを期待するような気持ちをコメントに織り交ぜ、そのコラボが始祖の推しを元気に導くことを伝え続けてきた。

それが始祖の推しの心を動かしたのか??

だとしたら、コラボが叶ったのも私の行動が実を結んだ結果?!

今回の始祖の推しのブース出店はおそらく推しのおねーさんの手引きがあったからこそ。

ということは、推しがこの祭典にブースを構えることが出来たのも私の行動があったからこそ?!

「THE WORLD IS YOUR OYSTER」

私はとても満足。

ここだけの話

これは始祖の推しがこのブログを見てないと確信出来るから書けること。

「私が始祖の推しをここに導いた!」

「そして、この大きな開場を盛り上げるために一役担った!」

本人らを前にしてはとても言えない。

言うとなればその後もそれ以上の行動力が私に求められる。

その期待に応えられる自信はない。

予防線を張っている。

私の出来る限りのことをやっていきたい。

私には裏方が合っている。