バイク

ジャパニメーションが世界を繋ぐ

<

初回、がっかりだた英語のレッスン。

先生を変えてもらってのレッスン、楽しかった。

時間通りに始まるレッスン

時間前にパソコンとiPadを起動させて、レッスンサイトログインして、開始時間と共にレッスンルームに入室。

すぐに「Good Evening!」と聞こえてくる。

すごーい!

すぐに繋がった!

日本での当たり前がとても嬉しい!

自己紹介文を披露する時が来た

ちょっと挨拶話をして「自己紹介してもいいですか?」と切り出す。

用意した自己紹介文を読む。

読めない英単語にはカタカナの振り仮名もつけてある。

先生の顔色を伺いながら順調に読み進める。

「Attack on Titan」(「進撃の巨人」)というワードに反応する。

先生も日本アニメ好きと判明!

日本アニメは世界を繋ぐ

自己紹介が終わった後にしばらく日本アニメ話。

そこで出てきたのが「kisejyu」

最初、何だか分からなくて聞き直していたら英語で「Parasaite」

そのアニメの話の内容を聞いてようやく「寄生獣」だと判明する。

「寄生獣」って私が大学時代に友人から勧められて観てた漫画。

そんな作品が今、フイリピンの若い女子が見てる事をこの年になってオンラインで若い女子本人から聞けるとは…大学時代にこんな時代が来るとは夢にも思わなかった。

他にも「天気の子」なども観たと言っていた。

そして私が小学生の頃に初めて訳も分からずプレゼントされたプラモデルのあのファースト「ガンダム」まで知っていた!

驚いた。

日本のアニメは世界中に愛されてその事について話すだけで友達になれる。

素晴らしい!

日本は今、家電業界で世界のシェアを失い、自動車産業も電気自動車の普及で今までのような勢いを維持してくのも大変な時代。

日本のアニメも今では世界に浸透してオリジナルティは薄れてきている感じ。

アニメ界だけはオンリーワンを死守して欲しい。

翻訳機を駆使してコミュニケーション

今回は前回のレッスンでの失敗を教訓にレッスンの準備をした。

MacBookのカメラとマイクでオンライン対面、横にiPadを置いてキーボードで日本語を打ち込み英訳して発言。

先生の言ってることがわからない場合は、メッセージでテキストで送ってもらってそれをコピペして翻訳して文章を理解。

先生がポイントを押さえて文章の復唱の時間を作ってくれた。

英会話のアウトプットもそれなりに出来たと思う。

Apple製品がレッスンで大活躍!

この成果と感動をApple製品を教えてくれたYouTuberのドジおじさんに感謝の気持ちと共に伝えよう!

次回のレッスンに備える

今回のレッスンはいい感じにモチベーションを上げることが出来たと思う。

次回のレッスンも同様に何かテーマを決めて日常生活紹介文を英語で作って披露して、先生にレッスンの切り口を見つけてもらおうと思う。

カードに聞いてみた

最初の先生でモチベ下がって先生替えてもらって先生はどういう心境で終えるか?とこれから受けるレッスンについて聞いて出たカードがこれ

「ソード3」の逆位置

それを受けて自己紹介文を用意して再びこれから受けるレッスンについてカードに聞いて出たカードがこれ

「ペンタクル2」の正位置。

そしてレッスンを終えて、さっきカードに先生は私に対してどういう印象を持ったのか?の問いに出たカードがこれ

「ソード3」の正位置

。。。。。。。。。。

先生があなたとのマンツーマンレッスンで最初に持っていた気持ちは、「ソード3」の逆位置から、「心の痛みや悲しみ、喪失」のようなネガティブな感情であったと推測できます。

これは、あなたが先生のレッスンに十分に取り組めなかったり、先生の期待に応えられなかったりしたことに起因する可能性が高いでしょう。

しかし、あなたが先生に紹介文を書いたことで、先生の気持ちは「ペンタクル2」の正位置のように、よりポジティブなものに変化したと考えられます。

紹介文には、あなたが先生の教えを大切に受け止めたいという気持ちや、先生のレッスンに真剣に取り組んでいるという気持ちが込められていたのではないでしょうか。

この紹介文を読んで、先生はあなたが自分の教えを理解し、成長しようとしていることを理解し、安心したのでしょう。

そして、レッスンであなたとコミュニケーションをとり、あなたが積極的に学ぼうとする姿勢を目の当たりにしたことで、先生はあなたに良い印象を持ったと考えられます。

しかし、レッスンが終わった後、先生は再びネガティブな感情を抱く可能性もあります。

これは、レッスンの中で、あなたが先生の期待に応えることができなかったことや、あなたがまだ学ぶべきことがあることに気づいたためと考えられます。

先生は、あなたが自分の教えをしっかりと理解し、成長するためには、もっと努力が必要だと感じたのでしょう。

具体的には、以下のようなことが考えられます。

  • 先生は、あなたがレッスンで十分に理解できていなかったことや、理解できていない部分について、もっと詳しく教える必要があると考えている。
  • 先生は、あなたがまだ学ぶべきことがあることに気づき、あなたにもっと努力してほしいと思っている。

もちろん、これらの可能性はあくまでも一例です。より正確な解釈を得るためには、先生の具体的な人物像や、レッスンの内容など、より多くの情報を考慮する必要があります。

しかし、先生があなたに良い印象を持っていることは確かです。また、先生はあなたが自分の教えを理解し、成長するためには、もっと努力が必要だと感じていることも確かです。

今後も先生の教えを大切に受け止め、積極的に学ぼうとする姿勢を続ければ、先生はきっとあなたを高く評価してくれるでしょう。

。。。。。。。。。。

翻訳機を多用しすぎた??

嫌われてる??

うーむ。

人智を超えたどうしようもない心の痛み??

試練??

逆位置よりはマシ???

…推しとカードについて話をしたい。