バイク

50代の婚活話を聞いて当時を思い出す

<

最近、みどふぃふの婚活アプリ活動報告チャンネルを見出して、ふと私の婚活ってどんなだったっけ?と気になった。

1998年の婚活

。。。。。。。。。。

1998年の婚活は、現代とは大きく異なる様相を呈していました。以下、いくつかの重要なポイントをご紹介します。

1. 出会いの場

  • 結婚相談所: 結婚相談所は、1998年当時も婚活の主要な手段の一つでした。しかし、現代のようにインターネットで簡単に情報収集できる環境ではなく、情報収集は限られていました。また、費用も比較的高額だったため、利用者は限られていました。
  • お見合い: 親や知人からの紹介によるお見合いは、1998年当時も依然として一般的でした。現代のように恋愛結婚が主流になる前の時代背景もあり、結婚相手を見つけるための重要な手段として認識されていました。
  • 合コン: 合コンは、1998年当時も婚活の場として人気がありました。しかし、現代のように大規模な合コンイベントが頻繁に開催されるわけではなく、友人や職場の同僚などを介した小規模な合コンが主流でした。
  • 婚活イベント: 1998年当時、婚活イベントは現在ほど普及していませんでした。しかし、徐々にではありますが、婚活パーティーや街コンなどのイベントが開催され始めていました。

2. 婚活事情

  • 晩婚化の進行: 1998年当時も晩婚化は進行しており、平均初婚年齢は男性27.9歳、女性25.1歳でした。現代よりは低い数字ではありますが、当時の社会では晩婚化が社会問題として認識され始めていました。
  • 男女の役割分担意識: 1998年当時、男女の役割分担意識は現代よりも強く残っていました。男性は仕事、女性は家庭を守るといった考え方が一般的でした。そのため、婚活においても、男性は高収入であること、女性は家事能力があることが重視される傾向がありました。
  • 価値観の変化: 1998年当時、男女の価値観は徐々に変化しつつありました。女性も社会進出を希望する人が増え、結婚に対する考え方にも変化が見られました。

3. 婚活の成功率

1998年の婚活の成功率に関するデータは少ないですが、現代よりは低かったと考えられます。晩婚化の進行や男女の価値観の変化など、様々な要因が影響していたと考えられます。

4. その他

  • インターネットの普及により、1998年後半から婚活サイトが登場し始めました。当時はまだ黎明期でしたが、現代のようにオンラインでの婚活が主流になるきっかけとなりました。
  • 1998年当時、婚活という言葉はまだ一般的ではありませんでした。

1998年の婚活は、現代とは大きく異なる環境で行われていました。出会い方の選択肢は限られており、男女の役割分担意識も現代よりも強く残っていました。しかし、晩婚化の進行や価値観の変化など、現代に通じる課題もすでに存在していました。

。。。。。。。。。。

その頃って、とんねるずのあの番組の影響、結構受けてるよな。

1998年の婚活と「とんねるず」のねるとん紅鯨団」が与えた影響

1998年、日本の婚活は大きな転換期を迎えます。その立役者となったのが、バラエティ番組「とんねるず」のねるとん紅鯨団」です。

1. 番組概要

1994年から2001年までフジテレビで放送された「ねるとん紅鯨団」は、石橋貴明と木梨憲武によるお笑いコンビ「とんねるず」が司会を務めるバラエティ番組です。当時としては画期的な企画や演出で人気を博し、最高視聴率26.7%を記録しました。

2. 婚活企画「ねるとんパーティー」

番組の人気コーナーの一つが「ねるとんパーティー」です。これは、男女10人ずつが参加する婚活企画で、参加者は事前にアンケートに回答し、プロフィールビデオを作成します。パーティーでは、ビデオを見ながらトークをしたり、ゲームをしたりして交流を深め、最後に気になる相手へ「ねるとん」と呼ばれる告白をします。

3. ねるとんパーティーの影響

ねるとんパーティーは、当時としては斬新な婚活企画として大きな注目を集めました。従来のお見合いのような堅苦しい形式ではなく、楽しみながら相手を見つけることができる点が人気を博しました。

4. 婚活への影響

ねるとんパーティーの成功により、婚活は従来の堅苦しいイメージから、楽しみながら相手を見つけることができるイベントへと変化しました。また、番組の影響で婚活イベントの数が増え、婚活という言葉が広く認知されるようになりました。

5. その他の影響

ねるとんパーティーは、婚活市場に大きな変化をもたらしました。

  • 婚活イベントの増加: ねるとんパーティーの成功により、婚活イベントの数が増加しました。
  • 婚活という言葉の認知: 番組の影響で婚活という言葉が広く認知されるようになりました。
  • 婚活の カジュアル化: ねるとんパーティーは、婚活を楽しみながら相手を見つけることができるイベントとして人気を博しました。
  • 積極的な告白の推奨: 番組では、気になる相手へ積極的に「ねるとん」と呼ばれる告白をすることが推奨されました。

6. 現代の婚活への影響

ねるとんパーティーは、現代の婚活にも大きな影響を与えています。

  • 婚活イベントの多様化: ねるとんパーティー以降、様々な婚活イベントが開催されています。
  • オンライン婚活の普及: インターネットの普及により、オンライン婚活も盛んになっています。
  • 積極的な婚活: ねるとんパーティーの影響で、積極的に婚活に取り組む人が増えています。

7. まとめ

「とんねるず」のねるとん紅鯨団」は、1998年の婚活に大きな影響を与えました。番組の人気コーナー「ねるとんパーティー」は、婚活イベントの増加や婚活という言葉の認知に大きく貢献しました。ねるとんパーティーの影響は、現代の婚活にも受け継がれています。

。。。。。。。。。。

私も一度、地域の婚活パーティーに同僚と一緒に参加した記憶がある。

その時の会には「サクラ」もいたなぁ

1998年頃の婚活企画「ねるとんパーティー」での「サクラ」

。。。。。。。。。。

1998年頃、バラエティ番組「とんねるず」のねるとん紅鯨団」で放送された婚活企画「ねるとんパーティー」は、当時としては画期的な企画として大きな注目を集めました。しかし、その一方で「サクラ」の存在が噂されていました。

1. ねるとんパーティーにおける「サクラ」

ねるとんパーティーは、男女10人ずつが参加する婚活企画でした。参加者は事前にアンケートに回答し、プロフィールビデオを作成します。パーティーでは、ビデオを見ながらトークをしたり、ゲームをしたりして交流を深め、最後に気になる相手へ「ねるとん」と呼ばれる告白をします。

当時の噂によると、ねるとんパーティーには「サクラ」と呼ばれるスタッフが参加していたと言われています。さくらは、番組を盛り上げたり、参加者との会話をリードしたりするために雇われた人物です。

2. サクラの役割

サクラの主な役割は以下の通りです。

  • 番組を盛り上げる: さくらの存在は、番組を盛り上げる効果がありました。例えば、積極的に男性と会話したり、告白をしたりすることで、他の参加者にも積極的に行動するよう促しました。
  • 参加者との会話をリードする: サクラの存在は、参加者との会話をリードする効果もありました。例えば、話題を提供したり、質問をしたりすることで、参加者が話しやすい雰囲気を作りました。
  • 参加者とのカップリングを成功させる: サクラの存在は、参加者とのカップリングを成功させる効果もありました。例えば、気になる参加者にアプローチしたり、他の参加者とのキューピッド役を務めたりすることで、カップル成立を後押ししました。

3. サクラの存在の是非

ねるとんパーティーにおけるサクラの存在は、賛否両論を呼びました。

4. ねるとんパーティーにおけるサクラの影響

ねるとんパーティーにおけるさくらの影響は以下の通りです。

  • 番組の人気: サクラの存在は、番組の人気向上に貢献しました。
  • 婚活イベントの増加: ねるとんパーティーの成功により、婚活イベントの数が増加しました。
  • 婚活という言葉の認知: 番組の影響で婚活という言葉が広く認知されるようになりました。
  • 婚活の カジュアル化: ねるとんパーティーは、婚活を楽しみながら相手を見つけることができるイベントとして人気を博しました。
  • 積極的な告白の推奨: 番組では、気になる相手へ積極的に「ねるとん」と呼ばれる告白をすることが推奨されました。

5. まとめ

ねるとんパーティーにおけるサクラの存在は、番組を盛り上げ、婚活イベントの増加や婚活という言葉の認知に貢献しました。しかし、一方で、倫理的な問題や参加者への誤解を生む可能性も指摘されました。

現代の婚活イベントでは、サクラの存在はほとんど見られません。しかし、ねるとんパーティーは、現代の婚活に大きな影響を与えた企画であることは間違いありません。

。。。。。。。。。。

サクラ、いたなぁ

成立カップルは晒される

私がに参加してた婚活パーティーにも「サクラ」っぽいかわいい女子がいた。

その子に私が話しかけ多少打ち解けたところで「サクラですか?」と聞いたら「そうです」って言ってた。

携帯電話番号聞いて、後日電話したけど、なーんかノリが悪く(というか私が口下手だった)ので自然消滅した。

同僚に「さくら」の存在を明かしたら激怒してたのを覚えてる。

その時カップル成立した見るからに「サクラ」じゃない真面目に出会いを求めて来た二人は、後日の広報にも掲載されて晒しものに。

カップル成立してもとてもリスキーな会だった。