バイク

「マタギ」で盛り上がってしまってたライブ配信

<

昨日、推しのライブ配信ミーティングの後、別の推しの出国前ライブ配信をやってたみたいで、アーカイブが残っていたので、観てみたら、出国の事より「マタギ」で盛り上がっていた。

推しが「かわいい!」と思って買ったベストが…

寒い旅先で暖かいはおるものが欲しくて見つけたかわいいベスト。

でもみんなに会って言われたのが「マタギみたい」だったらしい。

その話をしてからマタギで盛り上がる。

そのベストを着て配信してる推し、ちょっとがっかりしてる感じ。

私がベストを何をイメージするか意識して見てみると、お菓子の「きのこの山」に出てくるたぬき?(ベストの色が違う??)

かわいい!と思って思いがけない事を言われた女子の心境は??

この話を聞いて思い出したのが「ハンバーグ師匠」のこの動画

お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田さんこと「ハンバーグ師匠」。

「アメトーーク」で本人はお気に入りの愛車、ハーレーダビットソンのピンク色のバイクを披露した時、色の見た目から「ソープランドピンク」と芸人仲間にちょっと恥ずかしいHなイジリを受けて、師匠、盛り上がって嬉しい反面ちょっとがっかり?

それ以上に、このバイクを誇りを持って売ってくれたバイク屋さんがショックを受けてるんじゃないか?という事を心配していたらしい。

今ではもうバイク界隈ではカッコいいバイクと認知されているソープランドピンク。

しかし、販売してくれたお店の人には「宣伝してきます!」と意気込んで番組に臨んだものの、イジられて笑われて、ずっと「怒ってたり迷惑がかかってたりしてるんじゃないか?」と販売してくれたお店の人に7年間、会うことが出来ずにいたらしい。

でも、実際会って見たら販売したバイクがイジられていたことに対して「いや、単純に光栄でした!」「感無量」と喜んで観ていてくれたことがようやくわかる。

販売員さん

「何と言ってもカッコいいので、乗り手の気持ちが大事なので、そこで流されて、もう出なくなってしまうほうが寂しいですね」

心意気!

ハンバーグ師匠、販売員さんの話を聞いて吹っ切れたみたい。

当時の放送を観ての感想、

「笑いました」

「全体が盛り上がっているっていう空間に」

どんなイジリ言葉も「全部褒め言葉に聞こえてた」

とてもいい人に、こんな悩んでた自分が恥ずかしい!とハンバーグ師匠。

最後に販売員さん。

雨の日のバイクの心境の話。

「何事もなく無事に走ってこれたツーリングよりも、途中で雨で濡れてTシャツ絞るくらいまでやられたとしても、後々思い出に残るのはそっちです。」

「オートバイとしてはそっちの方が楽しいと思います。」

それに対してハンバーグ師匠。

「確かに雨に降られたら俺、最悪っていう方に考えてたわ」

「そうか、濡れてたのはバイクじゃないんだ、俺のハートなんだね」

ハンバーグ師匠は縁に恵まれてる。

欲しかったバイクが売れてしまって、出会ったバイクがソープランドピンク。

バイクは出会い、人生どう転ぶかわからない。

ちなみに、師匠のバイクを「ソープランドピンク」とイジった、宮迫さん、徳井さん、渡部さんは、その後、苦難に見舞われて「ソープランドピンクの呪い」と言われたり?!

推しの女子ライダーは「マタギベスト」を着て旅立ったのか?

推し、みんなに色々言われて「着てくのやめようかな」と迷ったみたいだけど、マタギベストを着て旅立ったみたい。

後々、マタギスタイルが海外ツーリングに行くスタンダードスタイルになるのかも。

私も海外ツーリングに備えてマタギベストを買おうかな。

マタギベストをオススメしてくれた店員さんも、今後の推しの活躍で「あの時あのベストをオススメして本当によかった!」と思ってくれるはず。

私も迷わず行きたい!