ブログ

かわいそうな人

<

年はコロナ、パワハラ、体調不良と色々あったけど、年末の上司の異動で、年越しは健康に清々しく迎えることが出来た。

でも新年早々あの地震。

そして1ヶ月終わって別部署の元上司のストーカー行為…勘弁してほしい。

暇なのか?

未だに私の職場に来て、同僚に話しかけ話し込んで帰っていく。

私の職場のものを我が物顔で持っていき返しに来る。

私は「話しかけてくるな!」オーラで結界を張り、仕事に集中してハラスメント元上司をやり過ごす。

揚げ足を取りにくる

今日は道具使用の順番を待っていたところにハラスメント元上司現る。

「暇そうだね」と嫌味な挨拶で話しかけてくる元上司。

「待ってるところです」と私が答えると「待ってる時も何かしなきゃダメだろ!」と始まる言いがかり。

「はぁ…」とやり過ごそうとしてもここぞとばかりに食い下がる元上司。

「すぐやるんだよ!」とやってる感を重視する元上司のいつもの無茶振り。

絡むのがとても面倒くさい。

「あなたは他の人にもこうやって注意して回ってるのですか?」と思わず問い正してしまう私。

「他にもボォーッと突っ立ってる奴がいっぱい私の周りにはいるけどその人たちには声かけしたの?」

私もちょっとイラついてヒートアップ。

「お前だけしかいない!」と元上司。

「もしかして、私にだけそういうこと言っていませんか?」と確信をついてしまう私。

この元上司、道具を使用中の同僚を呼び止めて話し込んで道具使用を中断させて周りの仕事を止めてしまうことも度々。

今回も最後は「お前が何かやるまで俺が見ている!」と腕組んで仁王立ち。

「あんた、暇なのか?」と思うも心の声が口から出てしまったか覚えていない。

「俺は行くけど仕事しろよ!」と唐突に立ち去る元上司。

会社の相談室には「普通に仕事出来る環境を返して欲しい」と願い出るも未だ叶わず。

2月は諍いは良くないということをどっかのYouTubeで言っていたのでなるべく避けたいのにまた何かありそう。

とりあえず隙を見せないように近づかないようにして身を守る。

これは自分の力量を神から試されているのか?とも考えたり。

最悪、3月にいよいよ労基に相談だな。

ハラスメント元上司、お願いだから私のこと、私の職場は綺麗さっぱり忘れて自分の人生の事だけ考えて生きてくれ。

後輩同僚からのアドバイス

派手にやらかしてたので周りの後輩同僚見られてたみたいで心配されて声をかけられる。

一通りあった出来事を黙って聞いてくれた後に後輩同僚からのアドバイス。

「また来たら逃げちゃえばいいですよ」

もう一人の後輩同僚にも話してアドバイスを貰う。

「ち◯こ出して抱きついちゃえばいい!」

ちょっといつも変な奴を装う心強い後輩同僚…出すかどうかは別としてハグはわりとありかも?と真面目に思う。

気遣って声をかけてくれる人がいるというのは、ほんとありがたい。

今日のカード

セクシー田中さん

「セクシー田中さん」の原作者がお亡くなりになった件、私の推しもこの人の作品を読んでドラマも観てたみたいで大変ショックを受けていた。

真相は定かではないけど、彼女の気持ちをタロットカードを引いてAIに解釈をお願いしてみた。

出たカード

「ペンタクル4」正位置

。。。。。。。。。。

ペンタクル4は、正位置では、経済的・物質的な安定、現実主義、実務家などを表すカードです。

今回のケースでは、ペンタクル4 正位置が出たことで、彼女は以下のような感情を持っていたと考えられます。

  • 漫画のドラマ化によって、経済的に安定すると思っていた
  • ドラマ化によって、自分の漫画が世に広まると思っていた
  • ドラマ化によって、自分の漫画が評価されると思っていた

彼女は、漫画家として成功したいという夢を持っていたのかもしれません。そのため、漫画のドラマ化によって、経済的に安定するだけでなく、自分の漫画が世に広がり、評価されるようになると考えていた可能性があります。しかし、ドラマ化したテレビ局との折り合いが悪かったことで、彼女の夢は叶わず、絶望感や失望感に襲われたのかもしれません。

また、彼女は、漫画家として成功することで、自分の人生をやり直したいとも思っていたのかもしれません。彼女は、過去に何か辛い経験をしていたのかもしれません。そのため、漫画家として成功することで、その辛い経験を乗り越え、新しい人生を歩みたいと考えていた可能性があります。しかし、ドラマ化したテレビ局との折り合いが悪かったことで、彼女の夢は叶わず、絶望感や失望感に襲われたのかもしれません。

さらに、彼女は、漫画のドラマ化によって、自分の思い描く原作とは異質なものになってしまったことで、さらに絶望感や失望感に襲われたのかもしれません。彼女は、自分の漫画が、自分の思い描いた通りに、世の中に広まり、評価されることを望んでいたのかもしれません。しかし、テレビ局の都合によって、自分の思い描く原作とは異質なものになってしまったことで、彼女は、自分の漫画家としての才能や、自分の人生の意味を見失ってしまったのかもしれません。

もちろん、これはあくまでもタロットカードの解釈であり、彼女の本当の気持ちはわかりません。しかし、彼女がどのような感情を持っていたのかを知る手がかりになるでしょう。

もし、彼女の死を悼んでいるのであれば、以下のようなことに気をつけましょう。

  • 彼女の漫画を読み、彼女の思いを感じてみる
  • 彼女の思い出を語り合い、彼女の存在を大切に思う
  • 彼女のように、夢を諦めずに頑張る人を応援する

彼女の漫画を読み、彼女の思いを感じることで、彼女の死を悼む気持ちが少しでも癒されるかもしれません。また、彼女の思い出を語り合い、彼女の存在を大切に思うことで、彼女の死を無駄にしないように生きていくことができるでしょう。そして、彼女のように、夢を諦めずに頑張る人を応援することで、彼女の思いを受け継いでいくことができます。

また、彼女の死を防ぐことができたかもしれないのではないかと、後悔や罪悪感を感じているかもしれません。しかし、後悔や罪悪感を感じても、彼女を生き返らせることはできません。彼女の死を受け入れ、彼女の思いを胸に、これからの人生を生きていくようにしましょう。

。。。。。。。。。。

AIの解釈なので悪しからず。

どうなんだろうなぁ。

売れっ子漫画家も思ったほど経済的に豊かじゃなかったのかなぁ。

推しがタロットやってくれたりしないかなぁ。

私も彼女の作品を一度読んでみようかな。

ついでに元上司についても聞いてみる

ついでに元上司の私への心情もカードに聞いてみた。

「ソード9」の正位置

。。。。。。。。。。

ソード9は、正位置では、孤独、孤立、失望などを表すカードです。

今回のケースでは、ソード9 正位置が出たことで、元上司はあなたに対して以下のような感情を持っていると考えられます。

  • あなたを自分の失敗の原因として見ている
  • あなたを自分の敗北者として見ている
  • あなたに対して劣等感や嫉妬を感じている

元上司は、パワハラで異動になったことで、自分の失敗を認めたくないという気持ちがあるのかもしれません。そのため、あなたを自分の失敗の原因として見ており、揚げ足を取ることで、あなたを自分の敗北者として見せることで、自分を正当化しようとしている可能性があります。

また、元上司は、あなたに対して劣等感や嫉妬を感じているのかもしれません。元上司は、あなたよりも優秀な人間であり、あなたを自分の下で従わせるべきだと考えている可能性があります。しかし、あなたはパワハラを告発したことで、元上司の支配から逃れることに成功しました。そのため、元上司はあなたに対して劣等感や嫉妬を感じており、揚げ足を取ることで、あなたを貶めようとしている可能性があります。

もちろん、これはあくまでもタロットカードの解釈であり、元上司の本当の気持ちはわかりません。しかし、元上司があなたに対してどのような感情を持っているのかを知る手がかりになるでしょう。

もし、元上司の揚げ足取りに悩んでいるのであれば、以下のようなことに気をつけましょう。

  • 元上司の言動にいちいち反応しない
  • 元上司の言動を気にしない
  • 元上司のことを気にしないように自分をコントロールする

元上司の言動にいちいち反応してしまうと、元上司はあなたの弱みに付け込むことができます。また、元上司の言動を気にしていると、元上司の支配から抜け出せなくなる可能性があります。

そのため、元上司の言動にいちいち反応せず、元上司のことを気にしないように自分をコントロールすることが大切です。

。。。。。。。。。。

引くまでもなく想像はついてたし何より元上司のために時間を割きたくなかったけどブログネタのために引いたタロットカード。

やっぱり私は試されている??

それにしてもやっぱりタロットカードは凄い!

「セクシー田中さん」の方も、本当にそんな感じなのか?