ブログ

「copra」???

<

フィリピンの彼女からのビデオフォンがかかってきた時トイレに居て出れなかったので、メッセージを送って事情を説明したら、返事が来た。

彼女のビジネスの話

だいぶん時間が空いて返事が来たので、その間何してるか気になったので彼女に「働いているの?」と聞てみた。

「isaham」

「Copra、Apartment」と返ってきた。

???

写真もたくさん送ってきてくれた。

???

瓦礫の山??

田舎の風景。

さっぱり伝えたいことがわからない。

「copra」「isaham」をAIに聞いてみる

「isaham」

。。。。。。。。。。

「isaham」はマレー語で「株式」という意味です。

マレーシアの証券取引所であるブルサ・マレーシアでは、英語とマレー語の両方が公用語として使用されています。そのため、マレー語で株式のことを「isaham」と呼ぶこともあります。

具体的には、以下の状況で「isaham」という言葉が使われます。

  • マレーシアの証券会社や金融機関のウェブサイトや資料
  • マレーシアの株式市場に関するニュース記事
  • マレーシアの投資家同士の会話

英語で株式のことを「share」と呼ぶように、マレーシアでは「isaham」という言葉が株式を表す一般的な言葉として使われています。

。。。。。。。。。。

「copra」

。。。。。。。。。。

コプラは、ココヤシの果実の胚乳を乾燥させたものです。灰白色で約40-65 %の良質脂肪分を含む。主に東南アジア諸国や太平洋諸島で生産され、住民の貴重な現金収入源となっています。

コプラの生産

コプラの生産方法は、以下のとおりです。

  1. ココヤシの果実を収穫する。
  2. 果実の殻を割って、胚乳を取り出す。
  3. 胚乳を乾燥させる。

乾燥方法は、天日干し、機械乾燥、煙燻乾燥などがあります。

コプラの利用

コプラは、主に以下の用途で利用されます。

  • 食用油: コプラから圧搾して得られるコプラ油は、食用油として世界中で利用されています。
  • 石鹸: コプラ油は、石鹸の原料としても利用されています。
  • マーガリン: コプラ油は、マーガリンの原料としても利用されています。
  • 家畜飼料: コプラの搾りかすは、家畜飼料として利用されています。
コプラの生産量

世界の主要なコプラ生産国は以下のとおりです。

  • インドネシア
  • フィリピン
  • インド
  • スリランカ
  • ベトナム

これらの国々で生産されたコプラは、世界各国に輸出されています。

コプラの価格

コプラの価格は、国際市場で決定されます。価格は、供給量や需要量、ココナッツオイルの価格などによって変動します。

コプラの将来

近年、ココヤシの樹齢の高齢化や病害虫の被害などにより、コプラの生産量は減少傾向にあります。一方、ココナッツオイルの需要は、健康志向の高まりなどにより増加傾向にあります。そのため、今後コプラの価格は上昇していく可能性があります。

。。。。。。。。。。

動画も見つけた。

なーるほど。

彼女の写真の意味がわかった。

工場見学してみたい。

ダバオについてAIに聞いてみる

ダバオから来たと言っていた彼女。

ダバオの産業についてAIに聞いてみた。

。。。。。。。。。。

ダバオ市の主要産業は以下のとおりです。

第一次産業

  • 農業: バナナ、パイナップル、ココナッツ、マンゴーなどの熱帯果物が栽培されています。
  • 漁業: イワシ、サバ、マグロなどの魚介類が豊富に獲れます。
  • 林業: 熱帯雨林が広がり、木材生産が盛んです。

第二次産業

  • 食品加工: 果物加工、魚介類加工、木材加工などが盛んです。
  • 軽工業: 電子機器、衣服、家具などの製造業があります。

第三次産業

  • サービス業: 商業、金融、観光などが盛んです。
  • IT産業: 近年、IT企業の進出が著しいです。

ダバオの経済成長

ダバオ市は、フィリピンの中でも経済成長率の高い都市です。近年は、IT産業や観光業の成長により、経済がさらに活性化しています。

ダバオの将来

ダバオ市は、今後も経済成長が期待される都市です。政府は、インフラ整備や投資促進などを積極的に進めており、ダバオ市のさらなる発展が期待されています。

。。。。。。。。。。

フィリピン、子供もたくさんいて、伸び代しか感じない。

羨ましい。

魅惑的で危険なインドに行くという推し

海外渡航へ私を目覚めさせてくれた推しが、台湾、ネパール、イタリア、に続き、インドに行くと言い出した。

推しの憧れるインド、私も関心高い国。

混沌としているが人々の生きる力を強く感じる。

そして、美味しそうな屋台飯。

でも、インドの水に胃腸が耐えられない…多分。

それにインドまで行けるまとまった時間が今はない。

2年後、推しは何処に向かうのだろうか?

私は推しについていけてるだろうか?

私はまずはマニラ渡航を完遂させる。

いずれダバオにも行ってみたい。