ブログ

今年は去年以上に転機の年にしたい

<

先週まで仕事のシフトを外されて残業や休日出勤が無くなったことで収入が減ったことに対して周りに嫉妬の気持ちがあった。

しかし、フィリピン行きを強行したことで、何か吹っ切れた。

お金はやはりたくさん欲しいが、それ以上に時間があるからこそ出来る体験への欲求が上回る。

ある程度、収支の目処が立ったことも大きい。

物乞いを見た

フィリピンを一人旅するYouTuberの動画で物乞いする子供達を見た。

どう対処するのが最善なんだろう。

AIに聞いてみた。

。。。。。。。。。。

フィリピンで物乞いに出会った場合の最善の対処方法は、状況によって異なります。以下、いくつかのヒントをご紹介します。

1. 無視する

最も簡単な方法は、無視することです。目を合わせたり、声をかけたりせず、そのまま通り過ぎましょう。

2. 断る

物乞いから声をかけられた場合は、丁寧に断りましょう。「申し訳ありませんが、今は余裕がありません。」などと言えば良いでしょう。

3. お金を与える

どうしてもお金を与えたい場合は、小額のお金を与えるようにしましょう。高額のお金を与えると、逆により多くの物乞いを呼び寄せてしまう可能性があります。

4. 物を与える

お金の代わりに、食べ物や飲み物などを与えるのも良いでしょう。

5. 警察に通報する

物乞いがしつこく付きまとったり、脅迫したりするような場合は、警察に通報しましょう。

その他

  • 子供の物乞いには、特に注意が必要です。子供を利用して同情を誘う物乞いも多く存在します。
  • 物乞いの中には、観光客を狙った犯罪者もいる可能性があります。貴重品は肌身離さず持ち歩き、周囲に注意しましょう。

フィリピンは貧困率の高い国であり、物乞いは社会問題となっています。上記のようなヒントを参考に、適切な対応を心がけましょう。

。。。。。。。。。。

出会うと対応に困りそうなので出来れば会いたくないがこれが現実なんだろう。

お菓子でも持って行こうか。

留学のことを話してしまう

会社で同僚に「留学行きたいって子供言わない?」と話を振られてしまったので「実は…」ともう行ってきたことを話した。

留学にかかる金額も聞かれて、それを聞いて驚いていた。

私の職場、我が家が夫婦共に正社員での共働きのことを知っていて「共働きだといいよね」とよくやんわり妬まれる。

なのでこの話題はあえて避けていた。

話しかけてきた同僚の子供は高卒で就職だったり、大学も奨学金を借りて行ってたりお金に苦労している。

同僚には自分で自由に使えるお金が限られていて窮屈そうな人が多く感じる。

それ故に本当ならばやりたくもない残業も多少仕事を誤魔化してでも残業しなければいけない状況に持っていってでもお金のために残業を率先してやりたがる

私はわりと自由にお金が使える部類だと自覚している。

そして、自由にお金を使える状況を活かして、一番お金のかかるこの時期に備えて、貯金して、投資して、設備投資して、備えてきた。

ここ数年はかなり浪費しているが、それまでは結構ケチでやってきた。

お弁当も半額で買うのは当たり前だし、風呂の残り湯も残さず使うし、照明もまめに切るし、クックパッドで自炊の腕も上げてきて外食も控えてきたし、ジュースは基本買わないし、コンビニは使わない。

タバコも酒もギャンブルもやらないし、服やアクセサリーもこだわりがない。

趣味は子供と出かけることと、TVゲーム。

人付き合いでのお金を使うことが少なかった。

共働きが今の生活を豊かにしてるのは確かだがそれと共にお金の使い方も大きな要因だと思ってる。

職場内には精神的な貧富の差が存在する。

妻がお金を管理してる小遣い制の同僚が多い

今日見た動画。

給料振込に夫しか知らない別講座を作ってちょろまかすのが横行してるとのこと。

別講座がバレたというのは私も実際バレてしまった本人から聞いたことがある。

我が家は基本的な生活費私が全て持っている。

大学の学費も私持ち。

外食、旅行は私持ち。

自分の貯蓄財産も妻に公開していた。

でも、妻は非公開。

食費の一部や子供の服や小遣いや交通費は出してくれている。

化粧・美容代に毎月結構使ってるように見える。

いくら使っているのか聞いても教えてくれない。

「私が稼いだお金なんだから!」と言われたこともある。

妻が自由にやっているからこそ、私も自由に出来ているところはある。

まぁ、貯金も出来てるし結果オーライ?

今年はお金より経験を重視する

ここ数年、新しいことをいろいろ始めて、悩ましくも新鮮で楽しい。

今はそういうことが出来る機会を得ているのだと強く感じてる。

最初はそう思い込もうと思っていたが、時間の使い方が解ってきて、心からそう思えるようになってきた。

会社への依存度を少しでも減らしたい。