ブログ

今年の振り返り

<

今年は色々あった。

漢字一文字で表すなら『嵐』

今は台風一過の穏やかな晴空。

嵐の到来は不安もあるけど何かあるかなとワクワクドキドキ感もあり高揚する。

今年のターニングポイント

今年は時間という命の尊さを知る機会の多い年だった。

老い先の短さを考える

コロナ感染して38度を超える熱にうなされる中、母から電話。

父が救急車に運ばれて入院と。

そして、「もう助からないかも」と。

宮崎駿と同い年の父、まだ働いていて元気だったが何があってもおかしくない。

私の健康寿命もそんなに長くないかもと感じる。

見る位置が上がり視野が広がる

出勤前の体調異変で出社するも病院に行きたいので早退させてほしいと上司に申告するもズル休みしたいんじゃないか?と言うような口調で「まだ病院に行くには早い!数日続いてから行くのが常識」と病院に行くための早退を許さず。

そこから「おかしい!」と「業務に戻れ!」の命令を無視して医務室に向かい周りの人を巻き込み長い上司との抗争に突入する。

生産性を上げる事に投資しないで、昔ながらの人海戦術で管理的な問題を一般社員に責任転嫁して時間と健康を削られる生き方に今までになく疑問を思い、ある意味パワハラ上司の後押しを受けて行動に移す。

「井の中の蛙」的な視野が声を上げることで色々な視野の声が私に届いて自分の立場を一段上からの俯瞰ができるようになったと思う。

やりたいことがやれないで終わる恐怖

バイクでの旅の途中、意識が遠のく感覚を味わい、途中でバイクを止めて横になり休憩。

良くなる気配がなかったので声をかけてもらった人に救急車を呼んでもらい病院へ。

その時は検査をするも原因がはっきりせずその日は近くの宿屋で一泊。

その後、水分不足で血流が悪くなったのでは?という診断で落ち着く。

やれることはやりたい!と思った時にやらなきゃ後悔すると感じた出来事だった。

その時SNSで知り合った人に会った帰り道で、その人との写真を撮っていたのだが、「体調不良で乗るな!」的な炎上を恐れて写真投稿を控えてもらうようにSNS友にお願いした。

お金以上に時間への価値が上がる

体調不良を理由にパワハラ上司に勤務時間の変更を言い渡される。

夜も働いていた勤務時間を昼オンリーの勤務時間に変更。

それに伴い収入も激減。

経済的ダメージも大きく、「まだやれる!」と憤るも、パワハラ上司は健康第一を理由にその申し出を拒否。

「絶対大丈夫と言えるまでダメ!」と言うのでそんな事誰にも分からんでしょ!と「絶対大丈夫なんて言えません」と問答していたら「10年は無理!」と話を終わらされる。

パワハラ上司からの経済的に追い込む嫌がらせとも取れるが、上司の言う事にも一理ある。

私は考えを切り替えて今後の支出を算出して目処を確認して、新たな人生設計を行う。

まぁ、私も年だし、健康的な状態で時間が出来るというのは幸運だろう。

やりたいことをやる!が加速する

色々あった結果、健康寿命は短い!という意識で行動する優先順位を考えるようになった。

推し活動に熱を上げる。

気になる動画、推しにコメントをたくさんした。

ある推しのコメントだけでもアプリの統計によると80以上。

出向ける推しのミーティングにも顔を出して声をかけてアカウント名でコミュニケーションを取った。

新しく買ってしまったバイク、乗れずに売ってしまうのか?と思っと時もあったけど、結局色々走り回って5000キロ乗ってバイクを楽しんだ。

そして、このアカウントの立ち上げ。

今まで書かなかった心情を書いてちょっと大人になれた気分。

今日の動画

今日は朝から毎年末の恒例の玄関の掃除をした。

広さは自転車2台と小バイクが1台停めれるスペースがあるくらい。

水を流してブラシで磨いて雑巾で拭き取る。

2時間弱かかっただろうか。

YouTubeをかけながら行った。

その中でYouTubeにオススメされた動画。

だいぶん昔に観た久しぶりの推しの動画。

人生の優先順位

フリーランスの仕事をする時に仕事をやるかどうか決める指標の優先順位。

①自分が楽しめるが

②他人を楽しませることができるか

③お金

今年になって自分の為に使う時間とお金の価値観は大きく変わったと感じている。

人間関係

そして推しが指標をもう一つ

◯誰かからの信用を意図的に裏切らない

一時的な利益のために他人を売ることは出来ない。

ブログでPV集めに躍起になっていないのは、読者の期待を裏切りたくないというのはある。

おそらく読者は自分の人間力に伴いついてくるもので、私もその方が楽だし頑張らなくて済んで楽しい。

YouTubeでも潜在的な案件動画に惹かれないし、純粋に楽しんでいる動画には惹かれてしまう。

私のしたいことかも

最後に推しが語ったこと。

◯誰かの人生のターニングポイントに立つ

私も気付けばこれをやる為に誰かと誰かを引き合わせる事に人生の楽しみを見出していた。

去年末出会ったブログ、今ではブロガーさんから「マブ友」の称号を得て今後の人生に影響を与えられた。

楽しい!

そんな感動をみんなにも与えて私も楽しみたいと思う。

このブログも誰かの良い方向でのターニングポイントになれば私は嬉しい。

気付けば推しの生き方を模倣していた

この動画はコロナ禍前の4年前に上げられたものだけど、この推しの動画を見始めてから、私もこの推しの考えに倣って生きようとして少しづつ方向転換してきて、今年いろんなピンチとも捉えられる変化を機に、一気にその生き方に向かっただけとも言える。

玄関の掃除をしながら振り返りを終える。

来年どうするか

来年も推しの指標を模倣して、それがお金に繋がるように頑張りたい。

とりあえずブログを楽しんで頑張る。

楽しめないと続かない。

そして休学して起業?する子供を見守り、頼りにされることがあれば関わって便乗したい。

正直、先が読めない。

でも、大事なのはどんな風がきても風を捕まえて風に乗っていける柔軟性だと思う。

どんな事態に陥っても対処出来る心構え。

どんな時代になっても人生を楽しむ!

 

今夜は以前作り置きしてた冷凍餃子。

私の餃子は自分で言うのもなんだけど美味い!

 

今年もありがとう。

来年もよろしくお願いします。